茶トラ猫って何?

豆知識

猫は①品種②被毛の色の両方を聞かないと、どんな猫かわかりません。
被毛は交配で出てくるので雑種だとバラエティに富んでいます。

ここでは被毛の色柄を簡単に説明します。

私の愛する縞模様:タビー(トラネコ) 
の他にも、
単色:ソリッド
二色模様:バイカラー
三色模様:キャリコ
などなど、あります。

虎猫(トラネコ)

茶トラ猫(チャトラネコ)(黄&赤茶)

茶トラのとらお
ちゃとら

レッドマッカレルタビー。
遺伝的にオスが生まれる確率が高い。
温厚で活発で、おおらかな性格の子が多いです。
甘え上手だし、太りやすい (^^;
日本では茶虎猫、赤猫とも呼ばれます。
イエローって呼ぶ人も!結局は何色でしょう(笑)

雉トラ猫(キジトラネコ)(焦げ茶&黒)

きじねこ

ブラウンマッカレルタビー。
日本では毛柄ランキング1位だそうです。
茶色ベースです。
キジの雌に色や柄が似ているためにそう呼ばれます。
猫の起源のリビアヤマネコの柄のせいか、
ワイルドな子が多いと言われています。

鯖トラ猫(サバトラネコ)(灰&黒)

さばとら
さばねこ

シルバーマッカレルタビー。
サバのような青みがかった縞が特徴です。
警戒心が強いタイプが多いそうですが、
たまに人懐っこい子も。

とらねこの色々

上記に加えて、白が入るとチャシロやサバシロと呼ばれたりします。
又、白い範囲の方が多いとシロチャと呼ぶ人も・・・

縞柄の出方で呼ばれ方も加わります。
マッカレルタビー(各模様が平行)
クラシックタビー(模様の一部が渦を巻いている)
スポッテッド・タビー(水玉的な斑模様)
ロゼッテッド・タビー(ヒョウ柄的な薔薇斑)
パッチドタビー・アンド・ホワイト(縞三毛)
ティックド・タビー(1本の毛の濃淡の為、縞は細かく途切れている)
などがあります。

錆び猫(サビネコ)

さびねこ
さびねこ

トーティシシェルキャット。
英語では「べっ甲猫」となります。
モザイク模様の被毛を持つ猫の総称。
一般的に黒・赤の2色の猫。
また、グレーや薄茶の混ざった個体は 「灰錆び」
愛嬌があり、協調性もあるっていいますが、
すごく扱いにくいサビ子を知っているので何とも・・・

単色

くろねこ

白、黒、グレー(ブルー)がありますね。
最近はクリームやブラウンなどの単色の猫も見られます。

八割れ、鉢割れ(ハチワレ)

はちわれ
はちわれ

ブラック・アンド・ホワイトと呼ばれるように、
主に黒白です。
顔面の毛の色が鼻筋を境にして
「八」の字形に2色に分かれている猫のこと。
日本の猫の柄ランキングで”はちわれ”が
2位だそうです。
タフで生命力のあるタイプ。

三毛猫(ミケネコ)

みけねこ

キャリコまたはトーティ・アンド・ホワイト。
3色の毛が生えている猫の総称。
遺伝子の特徴上そのほとんどがメスでオスはとても少ないそうです。
賢いけど気まぐれらしいです。いかにも猫。

細分化すると、もっともっとあります。
シャム猫は末端に色が出る、ポイント柄です。

しゃむねこ

被毛の色柄は交配によるものですから、
判断に迷う猫も多くいます。

交配によって唯一無二の被毛になったりするので、
〇〇猫って限定することは全然重要ではありません。

とらお1か月

まあ、結論としては、どこのお宅も、
うちの子一番! なんですけどね(笑)

タイトルとURLをコピーしました