とらお事件簿その1 コクシジウムとの闘い

事件です

あんまり事件はいらないんだけど。その1となります。トホホ。

コクシジウム?何それ。

とらお 2か月 (2016.12)

譲渡の数日前のこと。
保護団体の方から、ワクチン接種時の検査で
『コクシジウム』という虫が発見されたと連絡がありました。
一緒に保護された3兄弟揃って駆虫開始となったとの事。

猫風邪がようやく回復してワクチンを受けられる状態になったと聞いていたので、安心していた矢先でした。
猫風邪は高齢になったりして免疫力が落ちてきたら、再発する可能性もあります。
もう地元の獣医師さんに予約もしていて、体調管理に気を抜けないぞと覚悟していました。

そこからのコクシジウムという謎の新ワードです。
助けて!Google先生!

コクシジウムとは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コクシジウムは腸に寄生する原虫です。
人の目では見えません。
腐った物や、感染した母猫のフンから感染するのですが、
健康な猫では発症しないことが多いそうです。
野良生活で、何を口にしていてもおかしくないとは思いますし、猫風邪で弱った事によって発症してしまったようです。
子猫が感染すると下痢や嘔吐、食欲不振などで免疫力が落ちて、命に係わる可能性も。

この虫は、消毒剤や洗剤では死滅せず(!?)
100℃以上の熱での消毒!!!
加えて薬での治療となります。

どうする?

初めて猫を飼う私が不安になるのではと、保護団体の方から事前に
予定通りで良いかの確認がありました。

保護猫を飼うと決めた時から、猫エイズや猫白血病の
覚悟や寄生虫の覚悟もそれなりにしてきました。

正直、困ったなーと思いました。
初めての猫飼い、健康な子でもドキドキなのに、
初っ端から看病となると出来るかなー大丈夫かなーと。
まず、家族の手前確認したのは、コクシジウムは人にうつらない事。
今のところ”ゆるうんち”以外は元気だということ。
専用の駆虫薬で駆除できること。
複数飼いだと再度感染したりして大変だけど、
単頭飼いであれば何とかなると・・・。

いや、なんとかするんです!

武器と戦い方

駆虫薬は保護宅さんから数日分貰ってきていました。
コクシジウムはトイレ管理が重要で、
猫砂は糞をしたら「砂全捨て」+「トイレを熱湯消毒」が基本です。
熱湯消毒は大変なので、トイレ(または箱)を完全にビニールで覆い、
そこに砂を入れて、糞をしたらビニール袋ごと
ガッと、まとめて捨てるのが良いと言われました。

子猫は滅多に袋を破ることは無かったですが、
猫トイレなら、袋の破れがあったら熱湯をかけて消毒します。
箱を使用するなら箱ごと捨てます。

なるほど。
それなら家族みんな出来そう。

他に、食器や猫用ふとんも熱湯消毒(!)してくださいとご指導。
食器は熱湯をかけるので簡単でしたが、布団はひざ掛けサイズでも
熱いお湯につけてから洗うしかできず。

ここで強力なコクシジウム対策の武器!

スチームクリーナーがあると、
室内の床やカーペットなどあちこちの消毒が出来て便利です。
ペットの為に、強い洗剤を使う掃除をしたくないですよね。
便利です!

いざ合戦

引き取った翌週、近くの動物病院へ行きました。
これから先、かかりつけになってもらえるように、
保護猫を連れて行きますと、かなり前から予約済みです。

便の検査をしたところ
「駆虫薬を飲んでいるとは思えない数値です」との判定。
薬を続けて、2週間後に検査となりました。

薬は苦いと聞いていましたが、
最初は餌に混ぜたら食べてくれました。
2回目から上手に避けて、餌だけ食べるようになりました。
ですよね。(笑)
その後は飲ませるのは大変でしたが、まあ力技で・・・
口を横に抑えて歯の隙間に押し込む感じで入れて
口を閉じて少しおくと、無くなります。怒ってましたけどね(汗)

毎日の薬と、都度の消毒を繰り返し、
2週間後の検査・・・まだダメでした。
更に2週間後の検査・・・まだダメでした。
ちょっとくじけそうに。
まだ消毒生活が続くのかーと、ちゃんとした猫トイレが使えないのかーと
遠い目になってしまったのでした。正直、面倒

潔白無罪(?)となったのは1か月半後のことでした。

病院代は薬を含めても合計で2万円程度でした。
(ペット保険は申込中で間に合わず)

戦いを終えて

思えばたった1か月半でしたが、手間をかけるたびに
色々考えてしまって、虫が居なくなるまでが長くなったら
下痢や嘔吐の症状が出てくるのでは・・・と不安な日々でした。

カーペットやソファーの消毒が不十分で治らないのでは?と、
出来るだけの事をしてるつもりでも足りてないのでは?と
試行錯誤しました。
スチームクリーナーさん、ありがとう。

とらおが良い子だったのは
わかりやすく糞をするので、片付け忘れがなかった事。

コクシジウムとの闘いに勝利するには・・・。
くじけそうになったら、もう一息です。あと少し。
頑張ってくださいね。

とらお2か月。
タイトルとURLをコピーしました